うちの犬は元気ですが、ペット保険は必要?

みんなの愛犬比較大百科へようこそ!犬の薬のご心配や質問をすぐに解消!超ビギナーが気になることもこのウェブサイトならばたちまち解決できるのです! - うちの犬は元気ですが、ペット保険は必要?

みんなの愛犬比較大百科

うちの犬は元気ですが、ペット保険は必要?

高額なペットの治療費

人間の場合、ほとんどの人が健康保険に加入しているため、急な病気やケガに見舞われても、なんとか払えるくらいの医療費で済みますが、ペットは健康保険がないため、動物病院の治療費に驚くことがあります。そんなとき、動物にも健康保険があったらいいのにな、と感じることでしょう。
そこで最近では、さまざまな保険会社がペット用の保険を商品化し、注目を浴びています。ペット用の健康保険を希望していた人には、喜ばしいことですよね。

ペット保険のメリット

動物医学や動物病院の設備がどんどん向上し、以前ではあきらめるしかなかった重い病気も、かなり治せるようになりました。でも医療が高度化すると、検査費や治療費も高額になっていき、ペットの病気のために借金をする人もいるくらいです。
ですが、月々数百円からのペット保険に入っておくと、大事な家族であるペットの治療も、お金が原因であきらめなくてよくなるのです。備えあれば憂いなしですね。
飼っている犬がまだ若くて元気なうちはあまり必要性は感じませんが、犬の寿命は思ったより短く、悔いが残らない最期を迎えるためにも、ペット保険は入っていたほうが安心なのです。

加入率はまだ低め

多くの飼い主が待ち望んでいたペット保険ですが、加入率はあまり高くなく、加入率の高いイギリスでは20%、日本ではペット全体では5%、犬を飼っている人では10%ほどに留まっています。やはりペットが元気なうちは、医療費のことまでまだ考えられないのかも知れませんね。
でも、実際に病気になってしまうと保険に加入できなくなったり、保険代が高くなったりします。健康なうちに入っておくほうが、お得なのは確かです。

ペット経験者ほど加入

ペット保険の加入者には、今飼っているペット以前にもペットを飼っていた経験がある人が多いのです。つまり、ペットを看取ったことがある飼い主さんですね。老いたペットほど医療費がかかることを身を持って知っているため、まだ元気なうちに加入するようです。
もしものことがあったときに、ポンと高額な医療費が払える人には保険は必要ありませんが、急に100万円単位の医療費を用意することが難しい場合には、ペット保険に入っておいても損はなさそうです。

みんなの愛犬比較大百科TOPへ

Copyright(C)2016 www.mwalim.com All Rights Reserved.